日本語 | English

あっちこっちプロジェクトとは

あっちこっちプロジェクトは、海外から京都に来た旅行者を、笑顔で道案内してあげたい人のためのコミュニティです。

「地図を片手に立ち止まっている旅行者を見ると、声をかけてあげたくなる」
「実践的な英語を学んで、それを誰かの役に立てたい」
「世界遺産だけではなく、素顔の京都も見てもらいたい」

そんな人たちが、通勤途中や買い物帰りなど、それぞれの日々の生活のなかで道案内に取り組んでいます。

高度な英語力は必要ありません。

「郵便局はあっちですよ」
「バス停はこっちですよ」 

そんなちょっとした情報でも、旅行者の京都滞在をより安心で思い出深いものにしてあげられます。

興味のある方は、プロジェクトのメンバー証である「あっちこっちバッジ」をリクエストしてください。

バッジが到着したその瞬間から、あなたもプロジェクトの一員です!

わたしたちと一緒に、旅行者との一期一会を楽しみませんか?

よくある質問

あっちこっちプロジェクトは誰でも参加できますか?

関西圏にお住まいの方で、「自分のできる範囲で旅行者の手助けをしたい」という方はどなたでも大歓迎です。
助けたいという気持ちを「今、自分のできる範囲で」行動に移すことがなにより大事だと考えていますので、英語力や年齢に関係なく、どなたでも大歓迎です。英語力に自信のない方、英語学習からしばらく離れている方にこそご参加いただきたいと考えています。

具体的にどうすれば参加できますか?

あっちこっちプロジェクトのメンバー証である「あっちこっちバッジ」(無料)を手に入れてください。その瞬間からあなたもあっちこっちプロジェクトの一員です!
詳しくは下記「参加する」をご覧ください。

わたしの英語力では、かえって迷惑ではありませんか?

旅行者は正確な情報だけを求めているわけではありません。少しくらい言い間違えても、ジェスチャーまじりの片言でも、あなたのささやかな気配りによって、旅行者の日本滞在がより思い出深いものになる可能性は大いにあります。

聞かれた場所がわからないときや、英語で説明が難しい場合は、Sorry, I don’t know. Please ask someone else. と言えばOKです。あっちこっちプロジェクトのメンバーは他にもたくさんいます。笑顔とおもてなしの気持ちをバトンリレーのようにつないでいくこと、それがこのプロジェクトの趣旨です。

参加する

あっちこっちバッジを手に入れる。
好きなときにバッジをつけて外出する。
道を聞かれたらできる範囲で案内する。
その体験をSNSで共有する。

 

あっちこっちバッジは、「旅行者にとっての縁起物になれるように」という願いを込めて、一富士二鷹三茄子のデザインとなっています。

新規メンバーの方には、ご自身の英語力と京都の土地勘に応じて、「なすび」か「鷹」のどちらかを自由にお選びいただいています。

「困っている外国人旅行者を見かけたら、積極的に英語で声をかけている」という方は「鷹」を
「これから英語道案内にトライしていきたい」という方は「なすび」を、バッジ申請フォームよりお申し付けください。

なお富士山のバッジは、プロジェクトへの貢献度とリーダーシップを評価基準に、スタッフの推薦によりお渡ししています。

よくある質問

 

 

バッジはどこで手に入りますか?

バッジは郵送または京都市内にある「あっちこっちプロジェクト公式協賛店」にてお受け取りいただけます。

郵送をご希望の方は、本サイトのバッジ申請フォームよりお申し込みください。また、同じく参加をご希望のお友達や同僚のバッジもまとめて受け取りたいという方は、バッジ申請フォーム内にある代理人申請をクリックして、情報を追加してください。なおバッジは、お申し込みいただいてから3日以内に発送します。

ピックアップをご希望の方は、バッジ申請フォーム内「ピックアップ」をクリックして最寄りの「あっちこっちプロジェクト公式協賛店」をご確認のうえ、店頭にてバッジをお受け取りください。事前予約は不要です。

「鷹」と「なすび」、どちらのバッジにしようか迷っています。

「普段から、困っている外国人旅行者を見かけたら積極的に英語で声をかけている」という方はぜひ「鷹」のバッジをお受け取りください。そうでない方は、まずは「なすび」から始めていただき、慣れてきたら「鷹」をリクエストしてください。喜んで交換させていただきます。下記「レベルチェック」もご参考にしてください。

バッジを申請した場合、ノルマのようなものはありますか?

道案内は、ご自分のできる範囲で、時間と気持ちに余裕があるときだけで結構です。
なおバッジはクリップピンタイプ(安全ピンとクリップの両方が付いているタイプ)ですので、着脱が簡単です。

京都以外の地域に住んでいる人も参加できますか?

現状、京都市での認知度アップに注力しているため、メンバー証であるバッジも京都市を生活圏とする方に優先的にお配りしています。ただ他府県にお住まいの方でも、頻繁に京都にお越しになる方にはバッジをお渡ししています。

またバッジを付ける以外にも、Facebook などのSNSや口コミを通じてご参加、ご協力いただけると幸いです。よろしくお願いします。

日本人ではありませんが、長年京都に住んでいます。プロジェクトに参加できますか?

もちろんです。京都の地理に明るく、英語で道案内ができる方は大歓迎です。

また京都在住・英語ネイティブの方で、講師として勉強会に参加してくれる方を随時募集しています。道案内で役立つ英語のフレーズはもちろんのこと、来日当時、京都の街を歩いていて困ったことや、見つけにくかった場所などについても教えていただけると助かります。興味のある方は、お問い合わせフォームからぜひご連絡ください。

 

免責事項

あっちこっちプロジェクトは、道案内を必要としている旅行者を助けたいという善意に基づくボランティアプロジェクトです。情報を提供する側は、受け取る側に対して一切の義務や責任を負いません。ただ道案内が人と人とのコミュニケーションである以上、対人関係におけるトラブルが発生しないとは保証できません。あっちこっちプロジェクトの運営母体であるPASS-N-MOVEは、万が一、プロジェクトの参加者と旅行者とのあいだに問題が発生しても責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

応援する

SNS

実際に道案内を体験したみなさまからのフィードバックは大変貴重です。「こんな出会いがあった」「こういう説明が難しかった」といった感想を、FacebookなどのSNSに投稿してください。また、案内してあげた相手と記念写真を撮影した!という方は、その写真もぜひシェアしてください。

京都以外の地域にお住まいの方や、現状プロジェクトへの参加が難しい方も、この取り組みをより多くの人に知ってもらえるよう、Facebook の「いいね!」や周りの人への口コミを通じてご支援ください。あっちこっちプロジェクトは、参加者があっちこっちに点在することではじめて効果を発揮できます。ご協力よろしくお願いします。

Facebook ページ
https://www.facebook.com/atchikochi

Twitter アカウント
@AtchiKochiPrj
ハッシュタグ「#atchikochi」をつけてつぶやいてください。

ご支援のお願い

あっちこっちプロジェクトは営利の追求を目的としない市民活動です。プロジェクトの運営と維持にかかる費用をまかなうため、寄付によるご支援をお願いしています。ご検討どうかよろしくお願いいたします。

寄付ページ
http://atchikochi.theshop.jp

始める

プロジェクトに関するご質問は、こちらよりお知らせください。
お問い合わせありがとうございました。折り返しご連絡差し上げますので、今しばらくお待ちください。
 
希望するバッジ:   

希望するお届け方法:   
第一希望日時(必須)


第二希望日時(必須)


第三希望日時(任意)


代理人として、お友達や同僚の方のバッジもご希望の場合は、代理人申請の項目もご入力ください。
お友達 1:   
お友達 2:   
あっちこっちプロジェクトに参加したい友達がたくさんいる!という方は、お問い合わせフォームよりご相談ください。
あっちこっちプロジェクトへのご参加ありがとうございます!バッジのお申し込みを承りました。3営業日以内に発送いたしますので、今しばらくお待ちください。